愛犬が椎間板ヘルニアになってしまったら大変

快適に犬と暮らすために

女性とドッグ

犬のしつけは一緒に暮らしていく中でとても大切なことです。飼い主の責務ともいえますので、しっかりとしつけを行っていきましょう。犬の嫌がること、嬉しいことをしっかりと使い分けてしつけを行っていくのがコツです。

Read More..

心を込めて見送ろう

骨壺

大阪には多くのペット火葬業者があり、ハムスターから大型犬まで幅広く対応してくれます。葬儀から埋葬まで一貫して行ってくれる業者もあるので、しっかりと手順を踏んで見送りたい場合は、そういった業者に依頼すると良いでしょう。

Read More..

すべてのペットに必要

害虫

ノミダニ予防はすべてのペットに必要なものです。シャンプーやブラッシングなどをすることによって、清潔感を保つことが基本とされています。また、草むらに近づけない、衣服を着せることも予防として効果が期待出来ます。予防だけでなく、感染が疑われるときは薬を使ったり、布類を洗ったりといった対応策も必要になってきます。

Read More..

人間と同じ背骨の疾患

犬

動物病院で治療

犬も人間と同じように様々な疾患を発症しますが、椎間板ヘルニアもその1つです。椎間板ヘルニアという疾患自体、犬も人間も変わりないものなのですが、発症原因も似ており、加齢や肥満、激しい運動等によって発症します。犬の椎間板ヘルニアの治療は、動物病院で行っています。そして治療も基本的に人間と同じであり、症状が軽い場合は内科的治療、症状が重い場合は外科的治療が行われます。内科的治療はゲージに入れて安静にさせることを基本とし、消炎鎮痛剤等の薬剤を投与します。外科的治療とは、手術のことです。術前には、CTやMRI等を使った検査を行い、しっかりと発症している場所を特定します。そして術後には、リハビリが行われることになります。

早期に察知することが大切

前述したとおり、犬の椎間板ヘルニアは人間と同じですから、椎間板ヘルニアを発症している犬は痛みを感じていることになります。当然のことながら痛いとは言いませんが、患部を触られると嫌がる傾向にあります。また、椎間板ヘルニアは神経麻痺を引き起こしますので、足を引きずるようになります。それが悪化すると立てなくなり、更には、排便や排尿ができなくなってしまいますので、早期に気付いてあげることが大切です。椎間板ヘルニアを発症しやすい犬は、ミニチュアダックスフントやシーズー、ペキニーズ、プードル、ビーグル等といった軟骨異栄養犬種です。軟骨異栄養犬種は2歳くらいで発症することもありますから、激しい運動は控えさせ、体重管理を行うこと必要だと言えます。