快適に犬と暮らすために|愛犬が椎間板ヘルニアになってしまったら大変

愛犬が椎間板ヘルニアになってしまったら大変

快適に犬と暮らすために

女性とドッグ

しつけの大切さ

犬との生活は、癒しや喜びを与えてくれるものです。その反面で、危険を伴ったり他人に危害を与えることもあります。間違った犬のしつけ方をすると、人間と一緒に暮らすための最低限のマナーが守れず飼い主も困ってしまいます。言葉が通じないからこそ、守るべきことはしっかりと守れるように犬のしつけを行っていかなければなりません。犬のしつけは飼い主の責務ともいえますので、飼いだしたその日から意識していくようにしましょう。犬のしつけには、大きく分けて課題行動のしつけと問題行動のしつけがあります。課題行動とは、人間と暮らすために必要なしつけです。問題行動とは、飼い主が犬に行ってほしくない問題のある行動をしつけてなおすことを指します

しつけの方法

犬のしつけで大事にしていきたいことは犬にとって喜ばしいことと嫌なことをしっかりと使い分けることです。まずは、飼い主がしっかりとその強弱を理解しておきましょう。あとはしてほしい行動をした、もしくは飼い主の命令を聞いた際には犬にとって喜ばしいことをします。嫌なことをした、命令を聞かなかった際には、その反対で犬にとって嫌なことをしていきます。例えば、お座りを教えたい際には「お座り」といってもうろうろしていたら、犬の嫌いな音を出す、しっぽを引っ張るといったその犬が嫌がることをします。お座り、と言って飼い主が座らせた際にすっとおやつをあげるといった行為を繰り返すうちに、「お座り」の言葉だけで反応することが出来ていきます。